偏差値73の現役高校生はむたろーの日常

偏差値78の現役京大生『はむ』による受験生応援ブログ

全国模試で偏差値78を獲得したことがある現役京大生の【はむ】が学生・受験生の皆様に勉強法や体験談、過去に受験した模試やテストの結果などをご提供するブログです!読者登録よろしくお願いします!(*''▽''

【必見】ジャンケンに勝つ10の方法(勝率を上げる)【心理学・統計学】

スポンサーリンク

f:id:hamutaro0627:20190925130741j:plain

こんにちは、現役京大生のはむと申します。

 

今回は誰もが知っている『ジャンケン』の勝ち方について、心理学・統計学的な観点からお教えいたします。

 

ジャンケンの勝率を上げることが人生においてどれほど重要な事であるかを理解している方は多いと思います。

 

ジャンケンに勝ちたい方は最後までご覧ください!

 

もくじ

 

1.もっとも勝ちやすい手はパー

 これは統計上の話なのですが、本来、ジャンケンはグー・チョキ・パーのどの手も対等の価値なので、無限回ジャンケンを行った統計を取れば、出された手は限りなく33.33...%に近づくはずなのですが、実はこれが近づいていかないのです。

 

 ジャンケンの手の形の中で最も作りやすい手はグーです。なぜなら、「じゃーんけーん」の掛け声の時にほとんどの人がしている手の形がグーだからです。

 続いて2番目に出しやすい手は手を開くパー。そしてもっとも出しにくい手はチョキになります。

 

 1万回以上のじゃんけんの試行の結果、グー・チョキ・パーの確率が以下のようになった統計があります。

 

グー:35.0%

パー:33.3%

チョキ:31.7%

 

つまり、基本的に一回勝負の場合で、相手に癖を見抜かれていない場合は、パーを出し続けるのが最も良い戦略の一つといえるでしょう。

 

2.あいこになったらその手に負ける手を出せ

これは、人は連続で同じ手を出しにくという傾向を用いた戦略です。

例えばグーであいこになった時、相手から搾取(自分の癖に付け込まれる)されないようにする為には次の手をグー・チョキ・パーが全て33.3...%になるように出さなければなりません。(少しでも偏ると相手が自分を搾取できるようになる)

 

 しかし、皆さんも自覚があるかもしれませんが、あいこになったら次の手は手を変えることが多くないですか?

 この戦略はそれを利用しています。

 

 例えばグーであいこになった場合、相手はグーは出しずらくなる為、必然的にチョキパーの確率が上がります。

 つまり、自分がチョキ、つまりグーに負ける手を出せば、負ける確率が下がる勝つ確率が上がるという事になるわけです。

 

3.最初はグーで始めるときはチョキを出せ

これは2の「あいこになったらその手に負ける手を出せ」でお話した、人間が同じ手を連続で出しにくいという統計を応用したものです。

最初はグー、と1回グーを出しているので、それを「グーのあいこ」をみなすと、初手はグーに負ける手、つまりチョキを出すと勝つ確率が上がるという事になります。

 

 4.チョキのあいこのときはチョキを

これは2の例外パターンです。

 グーとパーのあいこの時にはそれに負ける手を出すのが最も勝率が高くなるのですが、チョキのあいこのときだけは例外です。

 

 実は、チョキの形を一度すると、そこから握りなおさなければならないグーは出にくくなるのです。

 これと、同じ手を出しにくくなる現象が組み合わさると、チョキのあいこの後はパーの頻度がかなり高くなります。

 

 よって、チョキのあいこの時のみ、次もチョキを続けて出しましょう。個人的に最も効果的な戦略だと思います!

 

5.宣言した手を出す

 これは小学校から中学校で僕が実際に使っていてかなりの勝率を叩き出した戦略です。

 例えば、「パーを出すよ」と事前に宣言すると、普通はそれに勝つチョキを出しにくくなります。よってグーパーの出現率が増えるので、パーを出せば負ける確率が減るという事です。

 

 ただし、この宣言法は実際に用いている人も多く、必然的にやられた側の人も多い為、対策されている可能性があります。

 ※実際自分が相手に宣言された場合は、基本的にはそれに勝つ手を出すようにしています。

 

 この宣言法を用いる場合には、

 

①相手がジャンケン慣れをしていない

②宣言してからじゃんけんするまでの時間をかけすぎない

 

の2点を意識して用いましょう!

 

6.考える時間が長いときはチョキを出せ

 これも心理学的な観点からの戦略なのですが、突発的にジャンケンをする場合に最も出やすい手はグーであることは戦略①でお話をしました。

 今回の戦略はその裏をかいた戦略です。

 

 ジャンケンをする前に、「ちょっと待って」などと言って出す手を考えましょう。そして相手にも考えさせましょう。

 考えれば考えるほど、人間は自分が考えた効果を発揮したいと思うようになるので、単純なグー以外のチョキパーの頻度が上がります。

 つまり、チョキを出せば勝率が上がるという事です。

 

7.前回の勝利手に勝つ手を出せ!

これも心理学的要因を用いた戦略です。

 これは一発勝負のジャンケンには用いることが出来ず、複数回の勝負で勝敗を決める場合に有効な戦略です。

 

 人間には学習能力があり、ある試行をした後に良い結果が出ればその試行をする頻度が高くなり、悪い結果が出ればその試行をする頻度が低くなります。

 

 簡単に言うと、良いことをしたら褒められてもっとするようになるけど、悪い事をすると怒られてもうあまりしなくなる、みたいな感じです。

 

 例えばじゃんけんで相手がパーで勝ったとしましょう。すると、相手の脳は無意識のうちに「パーを出せば勝てる」と思うのです。

 そこで、あまり時間を空けずに次の勝負をすると、相手は前回勝ったパーを出す頻度が少し高くなることを利用して、それに勝つチョキを出せば勝率が上がるという戦略です。

 

 また、その逆も応用可能で、例えば相手がグーで負けた場合は、次回相手がグーを出す頻度が少し下がる為、次の勝負でその手に負けるチョキを出すと勝率が上がるという事になります。

 

8.拳読(けんどく)

これは心理学も統計学も関係ない戦略です。

 

 簡単に言うと、

ルール違反にならないギリギリを攻めた「後出し」です。

 「最初はグー、ジャンケン」の後に相手の手を見て、少しでも手を開く動作が見えれば、相手のグーの可能性が消える為、チョキを出せば負けないという戦略です。

 正直めちゃくちゃ難しいです。考える時間は0.1~0.2秒しかありません。手が開かなかった時にはとっさにパーを出せば良いのですが、これはあまり実用的ではありません。

 少々後出ししても許してくれる・ノーカウントにしてくれる場合には1回ぐらい捨て身でチャレンジしてみても良いかもしれませんが、後出しは即負けになるような状況ではあまりおススメしません!!

 

9.ジャンケンが上手い人、考え深い人にはグーを出せ

これは1~8までの戦略をすべて逆手に取ったカウンター戦略です。

 

 上級者は以上のような戦略をすべて知っている為、基本的には戦略3.4.6.8からチョキを出す頻度が高くなります。よってグーを出せば勝率が高くなるという戦略です。

 本来、ジャンケンで負けないようにする為にはグー・チョキ・パーを33.33....%の頻度で出さなければならないのですが、ほとんどの人がそこから偏っている為、上級者はそれに付け込んで頻度を変えてくるのです。

 相手が出す手の頻度を途中で変えないとすると、グー:34%チョキ:33%パー:33%の頻度で出してしまう相手に対して最も勝率が上がる戦略は、こちらが100%の頻度でパーを出すことです。

 

 よって、相手が上級者(少しでもチョキの頻度が高い)と思った場合には、100%グーを出すのが最も効果的な戦略となります。

 もちろん同じ相手にそれをやり続けると相手にも頻度を変えられてしまいますが…。

 

10.チョキの先見せからのグー

 これは相手の視覚情報を用いた戦略です。

 

 「最初はグー、ジャンケン」「ジャン」の時に相手に見えるところで自分の手をチョキにします。

 「ジャン」の声から「ポン」で手を出すまでの時間は0.5秒ほどですが、その短時間でそのチョキの手の形について深く考えることはできません。相手の脳は、「あ、手がチョキの形だ」と認識することが出来るだけです。

 そのままじゃんけんをすると、出す手を決めていなかった相手は、直前に見た「チョキ」の形につられてチョキを出す頻度が高くなってしまうという傾向を利用した戦略です。当然グーを出します。

 

 この戦略の成功法を高めるコツは、相手にしっかりとチョキの形を見せる事です。ビビッて中途半端な形になると効果が半減します。しっかりとチョキの形を維持して、「ポン」の直前でグーに変えましょう!

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

意外と知らなかった戦略も多かったのではないでしょうか。

 

この戦略を知ったあなたは、今後の人生のジャンケンの勝率が格段に上がること間違いなしですね!!

 

この記事が良かった・役に立ったと思われた方、私を応援して頂ける方は是非とも

「はてなブックマーク→B!」

「読者登録」

をよろしくお願いします!

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました!