偏差値73の現役高校生はむたろーの日常

偏差値78の現役京大生『はむ』による受験生応援ブログ

全国模試で偏差値78を獲得したことがある現役京大生の【はむ】が学生・受験生の皆様に勉強法や体験談、過去に受験した模試やテストの結果などをご提供するブログです!読者登録よろしくお願いします!(*''▽''

私が偏差値30台から京大に特色入試で合格した話 その6(最終まとめ)

スポンサーリンク

f:id:hamutaro0627:20190524224254j:plain

最初からお読みになっていない方は是非最初から読んでいただけると嬉しいです!

その1↓
www.hamutaro.site

 その2↓

www.hamutaro.site

 その3↓

 

www.hamutaro.site

 

 その4↓

 

www.hamutaro.site

 

 その5↓

 

www.hamutaro.site

 

 

私が特色入試での自己推薦書に書いた事 まとめ

 

今までいろいろお話をしてきましたが、結局のところ、この記事が役に立つ人というのは、これから京都大学の特色入試を受験しようと思っている方、もしくは他大学のAO,推薦入試を受験しようと思っている方だと思います。

 

その方々が一番求めているであろう、自己推薦書の内容をほとんどそのまま載せたいと思います。

 

Question:課題研究や課外活動における顕著な実績の概要を書いてください。(グループで実施したものについては、志願者本人の役割、貢献内容を明記してください)

 

Answer:

高校1

SGS(SGH(スーパーグローバルハイスクール校)であった私の高校が、高校1年生時に取り組む、1年かけて行う自由研究みたいなもの)でのハエトリソウの捕食についての研究(発案・企画・プレゼン用シートの作成)+SGH発表会での発表

 

・アメリカ研修旅行15日間単独ホームステイ&学校交流)

・英検2級取得

 

高校2

・イギリス研修旅行2週間ホームステイ&学校交流)

・数学オリンピック道場 参加

・数学オリンピック Bランク 京都地区表彰

iCeMS(京都大学の研究所の一つ) 見学(学校の行事として)

 

高校3

・京都大阪数学コンテスト 奨励賞

iCeMSキャラバン参加(学校の行事として)

GTEC for Students 600点台(細かい数字は忘れました(;´Д`))

 

ざっと以上のようなことを自己推薦書のうち、『顕著な活動実績』として書きました。

 

よく見ると、上で書いたことのうち、ほとんどは学校の行事、イベントなのです。

ただ、強制参加ではなく、任意参加のものが多くあります。

 

私の個人的な意見ですが、大学側は『普通の高校生活を送るだけならしなくていい事を、どれほど自発的に経験をしようとしているか』という事を重要視していると思います。

 

今この記事を見ている高校生の皆さん。

一瞬「めんどくさいな…」と思う事でも、後になればとんでもなく大きなものとなって返ってくる事はあります。

 

僕の場合、たった3時間の数学の大会、2週間の短期留学、1日のイベント、1回のGTEC…

このような小さなことが、京都大学合格という本来は到達できなかったところにまで僕を辿り着かせてくれました。

 

拾えるチャンスは全て拾っておきましょう!!

 

ご精読ありがとうございました<m(__)m>