偏差値73の現役高校生はむたろーの日常

はむにっき

全国模試で偏差値73を獲得したことがあるはむが、毎日の出来事や学生さんのための勉強法などをお送りします! また、日々の暮らしでの豆知識などもお送りいたしますので良ければ読者登録よろしくお願いします!(*''▽''

【中学生・高校生必見!】学年トップの定期テストの結果を大公開! 平均○○点!

f:id:hamutaro0627:20170610195506j:plain

もう2週間ほど前の話ですが、毎日3時間睡眠の地獄から解放されたはむたろーです。

 

高校2年生になって初めての定期テストが終わりました!!

非常にハッピーな気分です( ´∀`)

 

せっかくなので、テストの結果を公開し、今回のテスト期間での私のテスト勉強や反省をして、皆様に参考にしていただきたいと思い、記事にすることにしました!

 では行こう!

 

もくじ

 

テスト科目

今回の定期テストでは以下の11教科を受験しました。

 

  1. 現代文
  2. 古典
  3. 数学Ⅱ
  4. 数学B
  5. 数学活用
  6. 化学
  7. 物理
  8. 地理
  9. 現代社会
  10. コミュニケーション英語
  11. 英語表現

 

 この11科目を4日間かけて受験しました。

 

テスト結果

細かい事は後にして、先にテストの結果をお伝えします。


現国  76点
古典  83点
数Ⅱ  86点
数 B  73点
数活  93点
化学  95点
物理  99点
地理  81点
現社  82点
C 英  89点
英表  80点

 

平均  85.2点  となりました!

 

ちなみに、理系物理クラスでは2位と平均点を3点近く離してトップを取ることが出来ました!(*゚∀゚*)

 

反省点・勉強のポイント

今回のテストでは何とか1位を取ることが出来た訳ですが、様々な反省点が見つかりました。

 

まず、私の得意な教科であるはずの数学であまり点数が伸びなかった事。

特に、数学Bは今回の11科目中最低点を取っています。

こんな事は今までに1度もありませんでした。

 

ただ数学の勉強は、模試対策定期テスト対策で大きく異なります。

 

学校の定期テストでの数学は、いわばゴリ押しに近いです。

社会系の科目のように、たとえ数学がさほど得意ではなくても、努力次第では高得点が狙えます。

 

しかしながら、模試の場合は数学の「才能」が必要です。

たとえ努力をしても、文系の方は理系の方になかなか届かないのが現状です。

模擬試験って上手いように作られているんですね…。

 

逆に言えば、文系科目でも同じようなことが言えます。

ゴリゴリの理系である私が、古典、現代社会、地理などで80点台を叩き出せているという事から、やはり定期テストは努力でどうにでもなるという事がお分かりいただけるかと思います。

 

私の定期テストに対する考え方

定期テストというのは、学力を測るものではなく、努力を測るものだと考えています。

という事は、勉強が苦手な人でも努力をすれば、それに見合った結果が得られる可能性が高いという事です。

 

今回、私は理系物理クラスでトップを取ることが出来たと言いましたが、全体で見ると今までと変わらず3位です。

上の二人は平均点が90点近いです。

 

もちろん、点数は高いに越したことはないですが、問題は果たしてそこまでして高得点を取るメリットがあるのかという事です。

 

定期テストの順位と模擬試験の順位には、強い相関関係はありませんし、あるはずがありません。

全く別の競技だと思っていただいて結構です。

 

難関大学を目指すなら

私は京都大学への入学を目指していますが、これから先も定期テストは平均80点あれば十分だと考えています。

 

別に80点を割ろうが、ミスして60点台を取った教科があろうがほぼ関係ないと思っています。

 

最終的には自分の事を決めるのは自分です。

誰に何と言われようと、自分のやりたい事をすればいいのです。

 

授業中眠くなったら寝たら良いのです。

疲れたら休めばいいのです。

 

自分の人生は自分で決めましょう!

 

『読者になる』&『高校生ブログ』1クリックお願いします!<m(__)m>↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 企画のご要望・はむたろーにやって欲しい事などは下のGoogleフォームからお気軽に投稿してください! 出来る限りやらせて頂きます!

goo.gl

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村