偏差値73の現役高校生はむたろーの日常

はむにっき

全国模試で偏差値73を獲得したことがあるはむが、毎日の出来事や学生さんのための勉強法などをお送りします! また、日々の暮らしでの豆知識などもお送りいたしますので良ければ読者登録よろしくお願いします!(*''▽''

【疑問】ブログを毎日投稿するメリット・効果は?

f:id:hamutaro0627:20170506205147p:plain

http://ebloger.net/bloger-ranking/

 

ゴールデンウィークの終わりが近づいて悲しいはむたろーです。

 

さて今回は、ブログの更新頻度とPVについてです。

前から気になってはいたのですが、今回深く考えたいと思います。

 

では行こう!

 

もくじ

 

毎日投稿が厳しくなってきている件について

もうタイトル通りです。

かなりきついです。

 

私の場合、ほとんど下書き記事を貯めていないので、忙しい日が続くとすぐに記事が無くなってしまいます。

記事を1本書くのにかかる時間は大体1時間程度。

今はまだ大丈夫ですが、この先定期テストや受験が近づくにつれて時間が無くなってきますので、このままのペースで行くと毎日投稿はいずれ限界が来るだろうと思っています。

最近の更新時間は夜の11時台に差し掛かっていたりと、皆さんにも忙しいのがお分かり頂けるかと思います。

 

毎日投稿するメリット

なぜ私が毎日投稿をしているかと言いますと、ブログを始めた際に参考にした記事に「とりあえず3ヶ月毎日投稿で100記事を書け。話はそれからだ。」と書いてあったのを見たからです。

また、最低1000文字は越えたほうが良いという記事も見ましたので、今までの記事は全て1000文字以上書くようにしてきました。

確かに毎日更新をすると更新が定期的になるので、毎日読んで下さる読者の方が増えたりするのは事実です。

また、1つ1つの記事の質がさほど高くなくても、ある程度のPVは得られます。あまり良くないですけどね。

 

毎日更新するデメリット

一言で言えば、記事の質が低くなるという事です。

いくら文章力があっても、たった1時間やそこらで、多くのユーザー様が必要としている情報が載った記事にすることはとても難しいです。

ましてや私みたいな初心者ブロガーは、とりあえず更新を間に合わせることに必死で、記事の質の向上に時間をかけられなくなります。

また、記事の質が良くなく、PV数もあまり増えないにもかかわらず、毎日投稿する分、記事作成にかける時間が多くなります。

 

毎日更新をやめるとどうなる?

かと言っても、毎日更新をやめたからと言って良い事しかないとは限りません。

毎日更新をやめれば、定期的に読んでくださる読者の方々が増えなかったり減ったりします。

また、単純に記事の投稿数が減りますので、記事投稿後のわずかなPV上昇も見込めなくなります。

また、毎日投稿をやめて時間を掛けたからといって良質の記事ができるとは限りません。

 

ではどうするべきか

単純な解決策としては段階に分けて以下のような例が挙げられます。

・記事を1000記事以下にしてでも毎日投稿を続ける

・記事の更新を2日に1回にし、時間的余裕を持つ。

・記事の更新を3~4日に1回にし、時間的余裕と質の向上を図る。

・記事の更新を週1回にし、本当に精巧な記事を作る。

 

これは個人の問題になってくると思いますが、私のように本当に時間がない人の場合だと、いくら1000字以下とはいえ毎日投稿をすると生活リズムや、学生の場合は学習習慣にまで影響が出てしまう可能性があります。また、1000時未満の記事だと内容云々の問題ではなく、記事の量的に質が低いものとなってしまいます。

 

かといって、週に1度程度の更新ペースにしてしまうと、それこそ最高の記事を作らない事にはブログの成長は期待できないでしょう。

となると、やはり更新ペースは2~3日に1回が一番いいのかなとは思います。

 

今後について

私もできる事なら開始から3か月間は毎日投稿を続けたかったのですが、そろそろ限界が近づいてきましたので、2か月を目安に毎日投稿の目標を解除したいと思っています。

これからは量よりも質の向上を重視して記事を作成できればなと考えております。

更新頻度は減るかもしれませんが、これからも何の変哲もないただの高校生の雑記ブログを暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです!

私としても皆様に少しでも情報を発信したいと考えていますので、今後ともどうかよろしくお願い致します<m(__)m>

 

では!

 

『読者になる』&『高校生ブログ』1クリックお願いします!<m(__)m>↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 高校生日記ブログへにほんブログ村学生ランキング