偏差値73の現役高校生はむたろーの日常

はむにっき

全国模試で偏差値73を獲得したことがあるはむが、毎日の出来事や学生さんのための勉強法などをお送りします! また、日々の暮らしでの豆知識などもお送りいたしますので良ければ読者登録よろしくお願いします!(*''▽''

ムダな勉強してない?【Part4】 ~暗記力を高める勉強法~

Part1~Part3をまだご覧になっていないからは、是非そちらからご覧ください!

hamutaro0627.hatenadiary.jp

hamutaro0627.hatenadiary.jp

hamutaro0627.hatenadiary.jp

 

 

【暗記力を高める方法】

≪記憶の種類≫

効率の良い勉強法 3つ目のポイントは『暗記力を高めること』です。

まず、暗記には大きく2つの種類が存在することをご存知でしょうか。

知っておられる方も多いと思いますが、『短期記憶』『長期記憶』です。

もっと細かく、超短期記憶や中期記憶のような分類をする場合もありますが、今回は分かりやすいようにこの2つの種類について考えていきます。

 

文字通り、『短期記憶』はすぐ覚えてすぐ忘れる、というやつですね!

それに対し『長期記憶』は長い時間かけて覚え、なかなか忘れない、というやつですね!

僕の考える効率の良い勉強法は、この2つの記憶を利用して行います。

 

≪短期記憶を重ねる!≫

みなさんはエビングハウスの『忘却というものを知っていますか。

f:id:hamutaro0627:20170319185802p:plain

引用:http://free-academy.jp/junior/index.php

こちらが有名なエビングハウスによる実験で得られた忘却曲線です。

人間はせっかく覚えたことの約半分をわずか30分後に忘れてしまうのです。

しかし、日が経つにつれて忘却度は下がっていき、1か月後にはほぼ横ばいの曲線になっているのが分かると思います。

よってこの曲線を逆に捉えると、覚えたことの約20%は1か月以上経っても覚えているという事です。

このことを私の勉強法では利用します。

 

≪ミスローラー勉強法≫

皆さんが最初に勉強を始めるとき。分かりやすい例を挙げるとすればテスト範囲の問題集を解くとします。

以前の記事でお伝えした『準備期間』を終えたあなたが最初に取り組むことは、まず問題集を1周する事です。

ここで気を付けて頂きたいのは、分からない問題は一瞬で見切りをつけてください。

特に数学や英語などは、解き方さえ分からない問題はいくら考えても分かりません。

そんな問題で足止めを食らい勉強の意欲を無くすぐらいなら、できる問題をできるだけ早く終わらしましょう。空欄がいっぱいあってもいいです。

そして、1周を終えたらすぐに丸付けをします。

ここで、不正解だった問題、分からなかった問題、飛ばした問題には問題番号の横にを。少し考えたり、意味がはっきりと分からなかったり、やや当てずっぽう気味で答えて正解だった問題には問題の横にchと印をつけます。

(印は何でも構いません、分かりやすいようにして頂ければ結構です。ちなみにchはcheckの略です。結構書きやすいのでおススメです←知らんがな)

次に、間違えた問題の解き方や単語などを再記憶して、すぐに2週目に取り掛かります。が、2週目に取り掛かるのは、問題の横に✔・ch印が付いているものだけです。

1周目に正解だった問題は飛ばします。

そして1周目同様、今度は違う色で分からなかった問題の横に✔・chを付けます。

そして3週目は1・2週目ともに不正解だった問題、つまり印が2つ付いている問題のみ取り掛かります。

これを繰り返して、✔・chが付いている問題が0になるまで繰り返します。

これで1セット終了です。

 

この作業を私は『ミスローラー』と呼んでいます。

ミスした問題のみローラをかけるからミスローラー・・・なんともセンスがありませんね(*´▽`*)

 

≪ミスローラーの利点、注意点≫

ミスローラー、しんどいと思いますか?

確かに最初はまともに問題集を1周しないといけないのでやや辛いです。

しかし、2週目以降は少なくとも前の周回より問題が増えることはありません。

どんどん問題を減らしていくのですから。

なんか問題の早抜け大会みたいで面白くないですか?(笑)

 

でも、できればこの1セットはできるだけ短時間で行ってください。

先ほど紹介したように学習してから30分後には約半数を忘れているのです。

なんとかして1セットはやり切ってしまいましょう。

このミスローラーが有効な理由は下の図を見て頂ければ理解して頂けるかと思います。

f:id:hamutaro0627:20170319192352p:plain

引用:http://kojirase-life.blog.jp

 

セットとしては1セットしかやっていなくとも、分からない問題のみを何度も見直しすることによって脳に記憶を定着しやすくさせます。

しかも、分かっている問題は省略するので時間の節約にもなり、効率の良い勉強ができます。

1セット行うのは思ったほど時間はかからないのですが、実はこれを1セットやっただけでかなりの高得点が期待できます。

なぜなら、1セット終了したということは、その問題集の問題をすべて1度正解したという事なのですから。

どうしても定期テストで点数が伸びない方はまずこのミスローラーを1セット実践されることをお勧めします。

 

でも欲を言えば、私は2セット行ってほしいと思います。

1セット目を行った後、しばらくたった後に2セット目を行うと自分でも驚くぐらい問題が解けます。それでも解けなかった問題は、例のごとくミスローラにかけて再復習しましょう。2セット目は問題数が尋常じゃないスピードで減っていきます。

2セットもやればもう充分です。お疲れさまでした。

もちろん皆さまの勉強欲に応じて、3セット4セットやって頂いても結構です。

 

≪問題集がないなら作れ!≫

このようにミスローラーは非常に勉強に有効であると考えています。

ですが、このミスローラーは問題集のようなスタイルのものを勉強するときに適しています。そこで、もし皆さんのテスト範囲が問題集からではない場合、ご自分で問題を作るのをおすすめします。

そんなの意味あるの?と思われるかもしれませんが、まず自分で問題を作った時点で自分の理解を深めます。そして、驚かれるかもしれませんが、意外と自分で作った問題でも分からないものです。特に苦手教科の場合は。

(私は自分で世界史の問題を作って自分で解いて正解率20%程度でした・・・)

ですので、是非一度このミスローラー勉強法を定期テスト対策で頭を抱える中学生・高校生の皆様に実践して頂きたいのです。

 

4記事にわたって効率の良い勉強方法をお伝えしてきましたが、この記事が皆様の成績UPに繋がることを願っています(*´▽`*)

(よければはてなブックマークをお願いします!たくさんの方にこの勉強法を知って頂きたいので!)

 

ご精読ありがとうございました<m(__)m>

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村