偏差値73の現役高校生はむたろーの日常

はむにっき

全国模試で偏差値73を獲得したことがあるはむが、毎日の出来事や学生さんのための勉強法などをお送りします! また、日々の暮らしでの豆知識などもお送りいたしますので良ければ読者登録よろしくお願いします!(*''▽''

ムダな勉強してない?【Part2】 ~短時間で勉強を済ます方法~

前回の記事で、勉強ができない人の原因は『ゴールがない』事と、『効率が悪い』事だとお伝えしました。『ゴールがない』場合の目標の決め方は前回のPart1でお伝えしましたので、まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

hamutaro0627.hatenadiary.jp

というわけで、今回は『効率が悪い』場合の解決法、つまりは『効率が良い勉強法』をお伝えします。ちなみに、この記事では主に学校の定期テストへの対策を紹介していきます。

 

 

【『効率が良い』とは?】

効率がいい勉強法をしなければならないとよく言われますが、「効率が良い」とはどういう事でしょうか。ここをしっかりと押さえておかないと、この先で紹介することを理解することは難しいでしょう。

 

僕が考える「効率が良い」とは、次の3つです。

・短時間

・短期間

・暗記力が高い

この3つがそろった勉強法は、「効率が良い」勉強法と言えます。

 

「短時間」と「短期間」って一緒じゃね?とお思いになるかもしれませんが、ここで言う「短時間」とは1日当たりの勉強量の事を。「短期間」とはそれに取り組む日数と考えて頂けるとわかりやすいかと思います。

 

ではまず、「短時間」で勉強を済ます方法を考えてみましょう。

 

【短時間で勉強を済ます方法】

短時間、つまり1日の勉強量を少なくする事は簡単です。

そう、勉強しなければいいのです。

何バカなこと言ってるんだって?

でも、そういう事です。勉強する時間は最低限で構いません。

・・・と言われてもどうすれば良いかわからないと思いますので、具体的な勉強時間を紹介します。

≪眠くなったら寝ろ!≫

 定期テストが直前に迫っているからと、夜になってから眠たい目をこすりながら勉強するのは『非常に』効率が悪いです。

寝不足になり、翌日の授業中も眠くなり頭に入らない上に、徹夜で覚えたことはあまり記憶できていません。

よって、夜の勉強時間は『眠たくなるまで』です。

勉強すると眠くなりますよね?

寝たらいいんですよ?誰も寝たらダメなんて言っていません。家なんですから、自分の勝手です。

また、これを逆手にとって、なかなか眠れないときに勉強するというのも一つの手です。眠たくならなければ勉強がはかどるし、眠たくなればすぐに寝ればいいのです。

 

そんなことしてたら勉強時間0になっちゃうよ!?っていう方。

安心してください。みんなそういうものです。

ではいつ勉強するのか・・・。

それは・・・

『朝』です!

≪絶対に勉強は朝!!≫

いや私は夜型だから・・・と言っている方、もしそれで自分が思ったように勉強できていないのであれば、早めの朝型への転向を強くお勧めします

夜よりも朝のほうが勉強が数倍はかどり、数倍効率が良くなります。

何時から始めるかは人それぞれです。

僕は定期テストの数日前からは3時~4時ごろに起きて勉強します。

普段なら5時~6時ぐらいで大丈夫です。

でもしっかり睡眠時間は確保してくださいね。

となると、やはり前日の夜はあまり遅くまで勉強せずに早く寝たほうがいいということが分かりますね。

もちろん、私が3時台に起きて勉強する前日の夜は10時から11時、遅くとも12時までには必ず就寝するようにしています。

睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~深夜2時の間に睡眠をとることで気持ちよく寝れるうえに、記憶力も体も心も(お肌も)回復して、一石二鳥どころではありませんね(笑)

 

Part3【短期間で勉強を済ます方法】へ続く

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村